キッズワークショップ@北広島が開催されました

北広島のキッズたちも盛り上がりました!

8月11日に午前、午後の2部構成で開催したキッズワークショップ@ともに(北広島)は大盛況で終了しました。

午前の部総勢21名、午後の部20名でワークショップ形式で行われた今回のX TAG GAMEは、対象が小学生(1~6年生)で基本的な動きの練習から、徐々にスピードを上げてフィールド内を駆け回る練習、そしてゲーム形式のスピードタッチ(フィールド内に設置された複数のタッチライトをつけてそのタイムを競う)、最後に1対1の鬼ごっこ形式による対戦を行いました。

フィールドセッティングは小学生向けで設計し、高くても100cm、そしてぶら下がれるところの高さはMAX150cmで設定し、レイアウトについても走り抜けるエリア、くぐることがメインのエリア、駆け引きに使えるエリアなどを設定しました。今回は高いところから高いところへ飛び移るようなエリアは設けませんでした。

最初は障害物を上手く飛び越えたり、くぐったりすることができなかったキッズたちも、最後の試合形式の対戦では見違えるほどの上達を見せて、見ている保護者達も驚くほどでした。

はじめはただただ走り回るだけだったキッズたちも、いつの間にかフェイントを使ったり、障害物を飛び越えてショートカットしてCatchしたりと、どんどんレベルアップ。

 

「もっとやりたかった!!」

 

というキッズがほとんどでとても楽しんだ様子。




午前の部

午後の部

 

参加したキッズの感想

「フェイントやジャンプしたりする鬼ごっこは初めてだったけど、すごく楽しかった。」

「足の速さは関係なく、頭を使ってやるのが難しかった。」

「のぼったりしながら追いかけることが難しかった。」

「ライトをつけてタイムを測るのが楽しかった。」

「はやく台に登ったりする練習が楽しかった。」

保護者の感想

「子どもたちがとても楽しそうにやっていてよかった。」

「定期的に開催してほしい。」

「怪我などするのでは?という心配がありましたが、子どもたちの運動能力を引き出してくれるんだ!と思いました。」

「思ったより怪我をしなくてびっくり!冬でも運動ができそうでいいと思う。」

X TAG GAMEより

子どもたちの動きの変化(体の使い方、競技に対する頭の使い方、楽しんでいる様子)がこの1.5時間という少ない時間でも見ることができました。そして、キッズクラスでは「自分の体を自在に操るスキル」を体得することに重点を置き開催することで、これまでにないバランスの良い運動能力・思考能力が得られると思います。

「遊びの中から楽しく鍛え、学ぶ」ことがこれからの活動で広まっていけばと思います。

今回は、すべての人が初参加となるので体験的に開催しました。今回の開催によって様々なデータや教訓、改善点などを得ることができました。

北海道地区でも、さらにたくさんの人が参加できるよう、定期的に開催を計画し、ワークショップだけでなく様々な年代層にクラス分けをした大会などを計画していきます。

最新情報などは、公式ホームページ、Facebook、Twitterなどで配信していきますので、是非チェックしてみてください。

今回のイベントの動画を近日中に公開しますので、是非見てみてください。



アンケートのお願い

会場でもアンケートを記入していただきましたが、こちらは参加した保護者向けのアンケートになります。

よろしければ、以下のリンクよりご協力お願いいたします。

>>>こちら<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です